森林と災害〜豪雨災害を忘れない〜

 近年、集中豪雨や台風を原因とする洪水や土砂崩れによる大災害が全国的に連続して発生して
います。その主要な原因のひとつが間伐手遅れ人工林だといわれています。
 台風や豪雨災害に強い人工林の在り方について、専門家から学びましょう!

 
 ※各自家用車で現地集合・現地解散のできる方の受講をお願いします。
   ご家族以外の方との相乗りは、ご遠慮ください。


日付 内容 場所
1 11月15日(日) 森林の持つ公益的機能 東京大学 演習林 生態水文学研究所
(瀬戸市)
2 12月6日(日) 間伐すれば人工林はよみがえる 大洞市有林(小原地区)



講師  :北岡明彦 (とよた森林学校 主任講師)
     東京大学教授 蔵治光一郎(とよた森林学校長)
時間  :8時30分〜16時00分頃
参加費:2,000円(全2回分)
定員  :10名
締切日:令和2年10月23日(金)
      定員に満たない場合は締切日以降も申込みできますので
      一度ご連絡ください。

講座の様子

    




 


     パンフレット(PDF)



      講座一覧